Activities

本研究グループの行っている活動について

Kimura Kenkado

Information about the research group's activities. We invite the public to our activities in which we discuss cross-cultural networks through the monthly held reading gro (more)...

Projects

研究プロジェクト

Rai Shunsui

Rich in information, the diary of Rai Shunsui became the one important resource for the research work of "Network Studies". The research group has its goals to (more)...

Framework

研究の枠組

Koga Seiri

In a highly connected world, personal, political, or economic networks are often assumed (with suspicion) but seldom studied cross-culturally. The unit collaboratively comes (more)...

Databases

データベース

Nakai Chikuzan

One goal of "Network Studies" is to build up a database within the range of Rai Shunsui's historical network. Along, find other bibliographies and prosopography (more)...

Links

関連リンク

Tanuma Okitsugu

Find other related material and information about cross-cultural networks, the research group or the Sophia University. (more)...

Contact

連絡先

Ota Nanpo

Detailed contact information about the coordinating persons. (more)...

About

ネットワーク研究について

The project "Network Studies" is a research unit of the Institute of Comparative Culture, Sophia University, Tokyo.

The unit analyzes cross-cultural networks. Collaboratively we integrate models for prosopography and network analysis that consider relations between individuals or groups in society. As a start-up project we discuss the available methods and models for our network analysis. Our main focus is on the early modern period in Japan, an understudied era in regards to network analysis. We are currently preparing a database based on the data of Rai Shunsui's diary. As a result we will visualize the social, geographic and chronological connections in a network.

「ネットワーク研究」プロジェクトは、上智大学比較文化研究所におかれている共同研究グループである。

本研究グループでは社会的ネットワークを文化横断的に分析することを目指している。研究グループ共通のテーマは、人と人あるいは集団と集団の間の関係に焦点を当て、これを集団履歴調査やネットワーク分析の手法を用いて多面的・総合的に検討することである。ネットワーク研究の手法を用いることで、新たな知見が得られることが期待される。

共同研究を始めるにあたっては、まずネットワーク分析に関する既存の方法、モデルなどについて議論していく。

本プロジェクトの当面の研究対象は、これまでネットワーク分析の手法があまり適用されていない近世日本の知識界であるが、将来的には同様の手法を用いて他の研究プロジェクトも立ち上げる予定である。

現在、近世中期から後期にかけて活躍した儒学者、頼春水の日記をもとに、彼を取り巻くネットワークについて、地理情報システム(GIS)を取り入れたデータベースを立ち上げる準備を進めている。このデータベースが完成すれば、春水を取り巻く人々が社会的、地理的、また時系列的にどうつながっていたのかを視覚的にとらえることが可能になるはずである。